大きな神社があるからお参りして帰ろうと

夏休みに私と友達は自転車で旅をしようと下宿先から1番近くの山まで行って、川で泳いで帰ることになりました。

その道は一度も行ったことがなかったのですが、友達曰く坂がとても多く、片道約2時間はかかると言っていました。

山の麓付近に行くまでに約1時間もかかってしまったが、途中一度しか休憩することなくこぎ続け、友達の言う通り合計2時間ほどで到着しました。

そこには全く泳いでいる人はいませんでしたが、水も綺麗で天気も良く、深い場所もちらほらあってすごく泳ぎやすくて素晴らしい場所でした。

しばらく泳いでわちゃわちゃしていると時間は15時ほどになっていました。

そろそろ帰ろうということになって自転車を置いた場所まで戻りました。

するとそこに階段があってあれ?こんなところにあったっけと思い、友達に聞いたところ最初からあったやんと言われ、自転車の疲れからその時の記憶が曖昧だったこともありその時は特に気にしていませんでした。

すると友達がこの階段を登ったところに大きな神社があるからお参りして帰ろうと言いました。

私は内心疲れたし早く帰りたかったが、そんなことを言ったら神様にたたかれるのではないかと思い、ついていくことにした。

階段は思っているよりも急で段数も多く、疲れた体の私にはなかなか大変でした。

やっとの思いで登り切るとそこにはこんな広い土地があるのかと思うほどの大きさの神社がありました。

私たちはお参りを済ませ帰ろうとしました。

すると友達がなんか体がだるいと言いだし、私はそのとき自転車と川遊びで流石に友達も疲れていたのだと思っていました。

しかし、段々と友達の顔色が悪くなり怖くなった私は急いで友達とその神社を後にしました。

自転車を止めていた場所でしばらく休憩することにし、少し経つと友達がもう大丈夫、帰ろうと言ってたので帰ることになりました。

それから友達はあのときのことはあまり覚えていないと言い、体調も良くなり特に問題はなかったので安心したのですが、あれは一体なんだったのか今でも不思議です。