父から電話で「今日結婚式だよね?」と連絡が

3年程前の事です。

ガン闘病中だった父。

私の結婚式も控えており、父は行く満々でした。

主治医からも外出許可も出ていました。

それなのに病院で、急に病状が悪化しました。

前日、父から電話で「今日結婚式だよね?」と連絡がきました。

私は、『違うよー病院に来るから待ってて』と笑いながら言ってました。

病院に着いても、父から「今日結婚式だよな?」と。

また言ってるし……と思いながら、『違うよ。

』と笑いながら言ってました。

母を残し私は帰りました。

その日の夜中、急変して急いで病院に向かいました。

父はまま帰らぬ人になってしまいました。

父の最後は母しか見送る事が出来ませんでした。

2時間程して、自宅に連れて帰ってきました。

夜中3時頃でまだ暗かったので、家の電気をつけたんです。

でも電気が消えるんです。

ブレーカーごと落ちてしまって…。

それが立て続けに3回……。

暖房器具を付けたわけでもなく家の電気を付けただけで…今まで電気を付けただけで落ちた事はありませんでした。

「お父さんまで生きてお家に帰りたかったんだ…」と。

きっと結婚式出たかったんだと思いました。

心残りがあるだろうなと思いました。

私も最後見送れなかったことがとてもショックでした…。

その後、お布団に寝かせて頭元にお線香を上げようと思い、ろうそくに火を点けたら、凄く明るく燃え上がりました。

またお父さんだ!と思いました。

今まで霊とか信じていなかったのですがら、これは全部お父さんだ!と思いました。

私の結婚式には、父の笑っている写真を持っていきました。

大好きお父さんこれからも見守っててね。